MENU

九州女子大学さんぽがーるず 2018年9月活動

九州女子大学さんぽがーるず

8期生 主体の活動が始まって半年!

何だか現2年生の 9期生 のメンバーたちの意欲が徐々に沸々と?!

平成30年9月22日(土)の9月定例活動

この日の活動は パタパタホバークラフトを制作してみよう ということで、段ボールとビニール袋を使って 自作のホバークラフトを制作する体験 を提供しました。

さんぽがーるずの参加者は、部長・あやかを筆頭に、3年生1名、2年生3名。

体験参加者は、3名(+保護者1名)でした。

この日はそこそこの天気で、外で遊んでいる子どもたちも多かった模様。

本館近くの公園で遊んでいた子どもたちに声をかけたところ、体験してくれることになりました。

部長・あやかが全体管理をしつつ、2年生3名が子どもたちの相手をします。

2年生に促され、子どもたちはさっそく段ボールに自分好みのデザインを施します。

2年生たちがなかなかタイミング良く声かけるので、子どもたちもノリノリ!

子どもたちは納得のいくデザインを作り上げると早速、本館の様々な突起や斜面を活用してホバークラフトを滑らせます。でも、やがてそれだけでは飽き足らず、自分自身も滑って遊び始めます。笑。

Yakataはまるで遊園地なんでしょうね!すごく光栄なことです!!笑。

そして、さんぽがーるずメンバーたちに促されて折紙をして遊ぶ子供たち。

最後は、保護者の方に促されて、後ろ髪をひかれるように帰っていきました。笑。

子どもたちが帰った後は、やや時間が余ったので部員懇親会。

2年生たちが「お腹が減った」というので、近くの「黒瀬食鳥」さんに買いだしに。

すると、店主のお姉さまがいろいろとサービスしてくれました!

また、そこからYakataに戻る途中でも天ぷら料理店「こが」の店主に呼び止められて、お菓子をプレゼントいただきました!

おかげで彼女たちも大喜び!!

メンバー4名と私の5人で、美味しくいただきました。

ホント感謝です。

この日の活動は、これまでの8期生主体の活動とは大きく異なりました。

備品を揃えるだけではない 事前準備(合意形成・役割分担・広報活動など) をちゃんとして臨んでいました。感心したのが、部長・副部長・広報係で1週間前に Yakata看板に告知を掲載&インスタグラムで発信 したこと。

そして現場での 9期生サイドからのリーダーシップの発揮 です。

9期生たちが部長・あやかの意図を汲んで自分たちから率先して動いたことで、すごくスムーズな進行が実現しました。

また、活動終了後の翌日には、備品係からYakataで保管している「さんぽがーるず」の最新の備品リストが共有されるという迅速な対応ぶり。

8期生体制の在り方が見えたような気がした、そんな活動になりました!

もちろん現状として広報・準備ともに不十分なことは否めないのですが、これまでと大きく異なるのはちゃんと実施してみたこと。

この経験と課題を活かして、次の成長に繋げていってくれたら、と思います。

 

前回