MENU

夢を本に!!⑩ (in 唐津ゲストハウス 少女まんが館SAGA)

高校生・江口鮎香

が企画提供する 「自分の夢を1冊の本にまとめて話してみる」ワークショップ

夢を本に!!

が、平成30年2月23日(木)に 唐津ゲストハウス 少女まんが館SAGA にて行われました。

えっ?!唐津??

唐津って、佐賀県の唐津市のこと???

そうです。

記念すべき10回目のワークショップは、佐賀県唐津市で行いました。

唐津市に開館したばかりのゲストハウスが、ちょっとコアなボー〇〇〇〇・・・もとい、「少女まんが」を題材にしたゲストハウスで、高校生ながら「青春したい!」との欲求の割に、いわゆる“少女”感あふれる青春の構造が理解できない、という江口鮎香さんの社会教育も兼ねて、合宿形式で開催しました。

(そんな私も、これまで自分ではまったく意識してこなかった、周囲の異常な反応に囲まれた日常の原因を究明すべく、少女まんがで勉強することに。笑)

いやあ、終始女子たちのハイテンションなこと!!笑

この写真を撮影している大学生・北村真瑛も、ウキウキキャピキャピしておりました。

活動の中身は・・・ん?

ええっと。うんっと。

うん、そうだ。思い出した。

活動が終わった後に食べた「少女まんが館」館主お手製の鍋がたいへん美味しかったのだ!(写真なし。妄想してください。笑)

えっ?

なぜ思い出せないのか?無責任じゃないかって??

そう、その理由は私の不手際にあるのです。

私は美味しい鍋を食べ終わった後、気づけばベッドではなく、ベッドに囲まれた床で眠ってしまっていたのです。

その前の活動の詳しい記憶が・・・申し訳ないです!!汗

だって、あまりにもゆったりごろごろできちゃう空間なんだもん!!!

というわけで、私の記憶にあるのは、私の書いた夢本を「少女まんが館」のどこかに仕込んだこと。

(興味のある方はぜひ探しに訪問してみてくださいね!笑)

そして、「少女まんが館」館主に紹介されて読んだ少女まんがのこと。

ホント勉強になったし、私が日常ではない人格の持ち主であることも、ちょっとだけ客観的に理解できました。笑

ちなみに、江口鮎香さんもたいへん勉強になったようで、これからの江口さんの「青春」に対する捉え方がどう変化するか?すごく楽しみです。

今回は終了時間が遅く平日開催だったことから、唐津在住の高校生たちが参加できなくて申し訳ありませんでした。

けっこう興味を持ってくれていたのに・・・。

またの機会に唐津で開催するときは、参加しやすい日時を設定して開催したいと思っております。

そのときは是非、参加してみてくださいね!

 

【次回開催】

夢を本に!!⑪

日時:平成30年3月24日(土)13:00~18:00

場所:黒崎Yakata

申込みは コチラ から、お願いします。