MENU

夢を本に!!⑧ (in 黒崎Yakata vol.6)

高校生・江口鮎香

が企画提供する 「自分の1冊の本にまとめて話してみる」ワークショップ

夢を本に!!

が、平成30年1月21日(日)に本館で行われました。

今回で8回目、本館での開催は6回目。

参加者は、大学生3名、高校生1名、運営3名の計7名。

今回は参加者の平均年齢が若い回となりました。

ワークシートを一新した今回。

参加者それぞれが、どれだけスムーズに「夢」を自覚できるのか?

そこが課題でした。

運営がしっかりコーチングしながら、その様子を観察する。

こういうワークショップ経験のある参加者たちだったので、自然に応用してくれていたので、コーチングの手間は思ったよりも少なかったですが、ワークシート改良の効果と課題もまたはっきりしました。

参加者たちの「夢」は若者ならではのもので、前回 のものとは少し異なりました。

自分の持ちうるスキルやキャリアから物事を考える社会人参加者たちとは異なり、今回の参加者たちはまず「やりたいこと」を前提に必要なスキルやキャリアを考える。

今回、筆者的には、この差をはっきりと実証できたところが最大成果だったように思います。

この機会に初めて自分の「夢」を他人に表明した参加者や、圧倒的な画力で自分の「夢」を描き切った参加者、まだまとまっていないことを吐露しながらもベクトルだけでも定めた参加者など、読み聞かせの時間はワクワクでした。

その後のブレークタイムは、女子トーク全開な参加者たちの輪に入り込めない男子高校生と私が、野球談議で盛り上がり終了。笑。

私としては、手ごたえより収穫の大きかった回となりました。

次回の「夢を本に!!」は唐津市に出張です。

詳細が決まるまで、しばらくお待ちくださいね。