MENU

夢を本に!!⑦ (in 黒崎Yakata vol.5)

高校生・江口鮎香

が企画提供する「自分の夢を1冊の本にまとめて話してみる」ワークショップ

夢を本に!!

が、平成29年12月21日(木)に本館で行われました。

今回で7回目、本館での開催は5回目。

参加者は、社会人3名、運営3名の計6名。

平日開催ということもあってか、自営業者ばかりが集まりました。

これまでの世代間交流的な若々しい様相とは異なり、社会人らしく現実路線の「夢=目標」という原則を貫いていく流れになることが期待されました。

ちなみに、私も運営しながら久しぶりに絵本を作りました。笑。

それぞれの個性あふれる自己紹介が終わると、さっそく改良したワークシートを使い、ワークショップを進めていきます。

まず今の「夢(目標)」に対する自分のコミットメント状態をグラフに書き込みます。

次に、「将来どんな自分になっていたいか?」について、項目に従ってワークシートに書き込んでいきます。

さらに、「そんな自分になるために何が必要なのか?」について、しっかりと考えたことを書きだします。

この工程でいろいろと詰まってしまいますが、それを運営側がフォローして何とか書きだします。

ここまでで約1時間。

そこからこれまでワークシートで踏まえたことをストーリーに起こす工程を経て、絵本の作成に入ります。

奇をてらわず、ワークシートの流れを忠実に再現すれば、実は絵本のストーリーは簡単にできます。

難しいのはコマ割りと演出・言葉づかいくらいのもので、ここはひたすら集中しての作業時間。

これまでも小学生・高校生・大学生たちも、ここで詰まることはあまりなかったように思います。

ところが、今回はだいぶ異なっていました。

ここで詰まる参加者が1名。

彼女は本業がイラストレーターということもあり、絵本や挿絵関係の仕事とも縁ある方。

そんなプロフェッショナルがゆえなのでしょう。

ワークシートからはるかに飛躍した演出の、キラキラ絵本を産み出そうと懊悩し始めます。

この事態、私は彼女の事を知っているゆえに想定内でしたが、鮎香さんにとっては初体験。

いろいろとフォローに苦悩しておりました。笑。

そんな彼女も、なんとか読み聞かせる時間までにはストーリー記述が間に合い、6人で読み聞かせを行います。

自分の理想とする整骨院を開業したい参加者、実践教育を事業化したい参加者など、バリエーションに富んだ具体的な「夢=目標」が語られ、それに関する「今日からの一歩」もそれぞれ表明できました。

読み聞かせの後は、お菓子をつまみながらの交流会。

そこでの主役は完全にイラストレーターな参加者!

自分のかつての仕事に関する業界の裏側を暴露暴露暴露・・・。

さすがに第一線で大活躍されていただけあって、その話はたいへん面白く、特に初聴の方には興味深い話ばかりだったようでした。

ちなみに、ここでの彼女の話で全員が理解します。

「この方はイラストレーター業界を救いたいのだ」と。

そんな実り多き7回目は、Yakataに次の時間の活動参加者たち(グリーンバード黒崎チーム)が集まり始めたところで終了。

最後に、ワークショップを終えた時点での最初のワークシートの「夢(目標)」に対するコミットメント状態を記入します。

参加者全員、しっかりグラフが大きくなったようでした。

 

【夢を本に!!⑧】

開催日時:平成30年1月21日(日)13:00~18:00

開催場所:地域拠点型シェアリングスペース「Yakata」黒崎本館

最大参加人数:7名

[参加料]

小学生:200円 (親が同伴する場合は無料。代わりに親の方からは参加料を頂戴します。)

中高生:500円

大学生:800円

社会人:1000円 (お子さんの付き添いのみで参加しない親の方も支払っていただきます。)

お申込みページは コチラ になります。申込みの問合せが殺到しております。参加される方はお早めにお申し込みください。

 

※写真撮影者:久冨大