MENU

2017年忘年会(KYC&Yakata合同忘年会)

平成29年12月15日(金)夜。

本館では 忘年会 が執り行われました。

神聖かつ厳かに・・・とても堅苦しく官僚的な忘年会!←

大地の恵みに感謝して、世界中のお酒とともに河豚と牡蠣を食らいながら、秒単位で縛られたプログラムの中で機械的に名刺交換を執り行う異業種交流忘年会!←

「そんな風にしてみたいなあ」

そんな館主たる私の妄想は、当然のように“夢の中”だけで終わりを告げました。笑

具体的な企画会議時間はわずか10分。

しかしながら、企画書の数は4つ。

取り組む姿勢はどれも真剣そのものなのですが、その内容は・・・。笑

乾杯前から手作りの河豚鍋&牡蠣鍋をつつき暴飲暴食に興じる参加者たち。

乾杯時間に合わせてやってきた参加者たちはその光景に、怒りというより諦観を覚えます。

KYCも合同ということで、外部参加者もやってくるというのに、誰もそのことを気にせず、勝手気ままに食欲と交流欲を満たしていきます。

いちおう全員の 自己紹介タイム を設けたのですが、みんな話しすぎツッコミすぎて、実質その時間だけで所定時間(1次会)が終わってしまうという有様!

1次会の最後に2次会の企画概要のみ伝え、希望者だけ残ってもらうようにしましたが、過半数が残るという企画書の想定を上回る事態。笑

「kawaiiは作れる!」

という、女性会員たち主催の企画の毒牙にはまっていく男性会員たち!

なぜかみんなノリノリでした。笑

そんな感じの忘年会だったのですが、普段の鬱憤を・・・的な感じではまったくなく、それぞれの普段の個性が全開しているだけで、参加者たちはそれぞれひとつひとつの酒・料理・企画・交流を楽しめているようでした。(つまり、本館会員とKYC会員は個人主義者の変態ばかり?!笑)

ま、「クリエイティブは独立した意志を持つ変態が産み出す」わけですので、こうした会員たちの在り方こそがコンセプト的に成功なんでしょうね。笑

10代から60代までが参加しているのに、年齢差をほとんど感じないこの妙な一体感!

どうやら来年は、今年よりもさらに楽しい年になりそうです。